起業は人なり

わが社の企業理念は「愛」である。愛というと、なにやら軟弱なイメージに受け止められるかもしれない。私のような、ごつい大男がいうと、「はぁ?愛、ですか?ですねえ」と、聞き返されることもたびたびだが、大きな声で、堂々といおう。わが社の企業理念は「愛」である。愛なくして企業は成り立たないと思っている。愛とは、お客様に対する愛、仕事で関係する業者の方々に対する愛、メンバーに対する愛、メンバーの家族に対する愛、会社に対する愛、そして自分の家族に対する愛、自分に対する愛である。この人のためにどうにかしてあげたい、この人を喜ばせてあげたい、という関係を保ちわが社の企業理念は「愛」でありつづけることを、私は、企業発展の基礎におきたいと考えている。私は、ずっと愛に飢えていた。ほめられることに飢えていた。中学を卒業すると、職業訓練校に1年通って、車の整備士の資格をとった。同級生が高校2年になるときに、私はバス会社に整備士として就職した。私のまわりには高校を卒業して入社した先輩ばかりだった。私はその中で、上司にほめられたくて一生懸命に仕事をいつも一番先に会社に行って、遅くまで残業して、「なかなかやるじゃないか」と、ほめられることが嬉しくてたまらなかった。